歩いて元気になりたい!健康長寿を目指し健康な体づくり

 健康な日々を送りたい、叶うものなら生涯健康でありたい、「健康」は、誰もが常々願い思っている関心事ではないでしょうか。
 ところで、その願望の健康とは、どんな状態を思い描いているのでしょうか、それは一人一人の思いですから環境などによってそれぞれ違っているでしょう。
 一般には「健康の定義」としてWHO憲章が有名です。
 「健康とは、病気ではないとか、弱っていないということではなく、肉体的にも、精神的にも、そして社会的にも、すべてが 満たされた状態にあることをいいます。」と定義しています。世界保健機関(WHO)憲章
 即ち、いま肉体的な病気がないというだけでは健康とは言わないということです。
 日常生活において、精神的にも肉体的にも問題をかかえず、毎日の生活に満足している、総合的な健康な姿を示唆していると思います。
 とは言っても、「総合的な健康な姿」をつくる基礎となるのは、やはり身体的な健康でしょう。特に高齢期に入りますと身体的衰えから筋力が低下し、足腰が弱まり日常生活が不自由になると老化が急激に進み、不健康な状態になります、高齢期の健康状態を決定づけるのは「毎日の食事や運動」「休養や睡眠」等の普段からの生活習慣です。
 世の中便利になり運動不足がちです、生活習慣の中に運動習慣を加えることが必要です、今より少しだけ多く歩くだけでも効果がはっきり意識できます、健康長寿を目指し健康な体づくりの第一歩は “歩いて元気” がキーワードです。
 健康づくりに欠かせないのが病気の予防です、体を気遣う運動習慣が日常になると、体が出すSOSサインのちょっとした体の不調や変化に早く気付きます、それを見逃さず病気の予防、早期発見、早期治療に結びつきます。
 体のことを良く知り、病気のことを広く理解することも大切です、よい習慣を継続させるには楽しみながら記録を付けることです。私の場合は、記録付けが進化してホームページ作りとなり、老化した頭の運動にいいかな~と励んでおります。
 運動習慣でひと汗かけば気分爽快、行動が広く前向きになり、食欲は増進、睡眠は熟睡、健康管理の好循環が始まります。あなたの健康づくりに、健康管理に、病気の早期発見に何かお役に立てるものがありましたら嬉しく思います。
広告枠
ページのご案内
new 新しいページのご案内